ばーろぐわにる

SIerからWEB系?インフラエンジニアにジョブチェンジした見習いの備忘録

【PART1】Python勉強メモ

これは何の記事?

この本を元にPythonを勉強していく。この記事は後から振り返る用の備忘録。

pop

リストの最後尾を削除してくれる。hoge.pop()で使う

>>> lists = [0,1,2,3,4]
>>> print(lists)
[0, 1, 2, 3, 4]
>>> print(lists)
[0, 1, 2, 3, 4]
>>> lists.pop()
4
>>> print(lists)
[0, 1, 2, 3]

リスト結合

リストは算術演算子+で結合できる

>>> lista = ['h','o']
>>> listb = ['g','e']
>>> listc = lista + listb
>>> print(listc)
['h', 'o', 'g', 'e']

append

hoge.append([object])でリストの最後尾にオブジェクトを追加できる

>>> fuga_list = list("fuga")
>>> print(fuga_list)
['f', 'u', 'g', 'a']
>>> fuga_list.append("hoge")
>>> print(fuga_list)
['f', 'u', 'g', 'a', 'hoge']

ちなみにlist([strings])で1文字ごとのリストを作成してくれる。2つ引数入れるとエラーになる。

in, not in 演算子

[object] in hogeでリスト/タプル/辞書であるhogeの中に[object]が含まれているかを判断する。

>>> list_num = [0,1,2,3,4,5]
>>> 1 in list_num
True
>>> 6 in list_num
False
>>> "1" in list_num
False
>>> 0 not in list_num
False
>>> 9 not in list_num
True

もちろんですが文字列と数字は比較してもfalseです。 次は辞書の場合はこんな感じ。

>>> dic_num = { "num1": 1,
... "num2": 2,
... "num3": 3}
>>> print(dic_num)
{'num1': 1, 'num3': 3, 'num2': 2}
>>> "num1" in dic_num
True
>>> 1 in dic_num
False

辞書の場合、キーに[object]が含まれるかを確認。valueは見ない。

感想

rubyいじってたので比較的わかる。ただ、最近業務時間が長すぎて勉強の時間が少ない。よくない。