ばーろぐわにる

SIerからWEB系?インフラエンジニアにジョブチェンジした見習いの備忘録

Git使ってみる

Gitとは

バージョン管理ツール。Git≠GitHub

インストール

AWSUbuntu 16.04.3 LTSだと不要。最初から入ってる。

設定

メールアドレス、名前を設定しておく。GitHub使うだけなら不要かも。

git config --global user.name "My Name"
git config --global user.email "myaddress@example.com"

使い方

git init myrepos

myreposディレクトリが作成される。その中にある.gitディレクトリの中に、バージョン管理するために必要な様々なファイル(コミットログとか、ブランチ設定?とか)が格納されているので見てみると面白そう。

ファイルを追跡対象に追加する。

cd myrepos
git add meigen.py

そしてコミット

git commit -m 'my first commit'

-mオプションはコミットメッセージ。

Pushする先のGitHubリポジトリを設定する。 あらかじめGitHubのページからリポジトリを作っておくこと。

git remote add origin https://github.com/myaccount/myrepos.git

そうすると、.git/configに以下のような記載が追加される。

[remote "origin"]
url = https://github.com/myaccount/myrepos.git
fetch = +refs/heads/*:refs/remotes/origin/*

そんでもってPUSH。ユーザ名とパスワードを求められるので入力

git push -u origin master

感想

これからdiscordbotはGitHub使って管理する。すごい今更だけど。